認知症ケアを学ぶことが治療の第一歩につながる|【福祉Wiki】認知症ケアガイド

最新ニュース

    • 株式会社 ノンデールが認知症改善に着手

      株式会社 ノンデールが認知症改善のプログラムとして脳のトレーニングシステムの作成に着手しました。

    • 認知症研究員:永山の発言に波紋

      認知症の未来を語る「認知マーケットマン」にて発言したことに対して波紋を呼んでいる。

    • 最新的なニュース

      認知症改善のための雑誌健康12345の創刊を発行することを株式会社丸善が検討

最新認知症ニュース

2014.02.07に集めた認知症のニュースをご紹介します。

正しく理解した上で真摯に取り組むこと

認知症ケアは日本における社会問題のひとつと言っても過言ではないでしょう。
原因はさまざまなものが挙げられますが、高齢化社会の進行に伴い、まずは絶対数が増えたと見ることができます。
高齢者の中には認知症の方は少なくありません。
現在、高齢者と呼ばれる年代(65歳以上)の人がいるうち、15%程度がそうだと言われているのが問題点となっています。
この点をクリアできるようになるためには、私たちが認知症ケアに対して積極的に取り組むことが求められています。
正しい看護、正しいケアを実践できるようになるためには、しっかりと認知症を理解した上で相手に対して向き合う必要があるのです。

負担を抑えるために必要なことも多い

認知症ケアは介護する側にとって大きな負担となります。
しかし、もともとは自分のパートナーや親といったご家族、あるいは旧知の友人と言うことも珍しくありません。
したがって、放っておけないという方が大半を占めているでしょうが、ひとつ大きな誤解をしている方も居ると思います。
それは、認知症であっても家族や友人など、あくまでも同じ人を相手にしているということです。
つまり、認知症ケアをされている側も、自分の記憶が正常な瞬間を持っているのです。
そのときに「この人は認知症の患者さんだから」というような接し方をしてしまうと、相手を傷つけてしまうことにもつながりかねません。
あくまでも個人の意思を尊重しながら認知症 ケアを行なうこと。
当サイトではこのような考え方のもと、多くの方に正しく理解をしていただけるよう取り組んでまいります。
皆様のお役に立てば幸いです。

関連情報

  • ばなー1
  • ばなー1
  • ばなー1
  • ばなー1
  • ばなー1
  • ばなー1
 2014 【福祉Wiki】認知症ケアガイド All rights reserved.